伐採をして美しい植木を観賞しましょう|テキパキ美しく変貌

家

美しい庭を保つ為に

砂利

コツコツ続ける

きれいに手入れされた芝生の庭は美しいですが、これを維持するのはなかなか大変です。芝生は、日当たりや排水などの環境にもよりますが、普段の手入れがとても重要になってきます。放っておくと、すぐに雑草が生えたり枯れたりしてしまうので、手入れをコツコツと続ける必要があるのです。芝生は大きく分けて、日本芝と西洋芝があります。日本芝は寒さに弱く、冬になれば自然に枯れて、春になると緑に戻ります。反対に西洋芝は暑さに弱く、冬になっても枯れることはないので、ゴルフ場やサッカー場などでよく使われています。芝生の手入れで最も基本的なのは水やりです。水のやり過ぎはよくありませんが、春は3〜4日に一回ほど、夏は毎日が目安になります。暑さに弱い西洋芝の方が頻繁に水やりをする必要があります。

雑草はすぐに抜く

他の手入れとして大切なのは、雑草はすぐに抜くという事です。雑草は非常に生命力が強く、そのままにしておくと、栄養を取られて芝が枯れてしまいます。見つけたら、根っこからすぐに抜きましょう。雑草を生えにくくするには芝刈りも効果的です。芝を刈ることで、本来なら上に向かって伸びていく芝が横に向かって伸びるようになり、密度が増す事で、雑草が生えにくくなります。美しい芝生の庭を保つ為には、5〜9月の成長期には10日に一回ほどは刈る必要があるでしょう。その他には、エアレーションという手入れの方法があります。地中に穴を開けて根に空気を提供して活性化させる作業です。踏み固められた場所も土がほぐれて柔らかくなり、水はけが改善されますし、根切りの効果もあるので根の発育が刺激されて元気になります。自分で手入れをするのが難しいと感じている方は、業者に依頼するのもいいでしょう。庭をどのようにしたのか、事前に業者に伝えておくことで、依頼者の希望通りにメンテナンスを行なってくれます。夏場になると草の手入れ依頼が殺到するので、時期によっては予約が必要になります。