伐採をして美しい植木を観賞しましょう|テキパキ美しく変貌

家

里山の間伐材と農業

自然

農業も関係があります

日本の以前までのエネルギーの供給は、木材を使用することがメインでした。なかでも使用頻度が高かったのが、里山の木の枝を伐採する間伐材です。木にとって枝を伸ばす理由は、葉で太陽光線を受けて光合成することです。そのため太陽光線が届かない下のほうは、あまり枝が必要ありません。間伐材はこの部分の枝を伐採するので、木の成長にとっても都合の良いことなのです。また間伐材を伐採していると、農業にとっても関係があります。農業にとって関係がある理由は、獣害を減らすことになるからです。農業における獣害は、一晩のうちに甚大な被害をもたらすこともあります。したがって間伐材の伐採は、農業の収入を維持することにも繋がるのです。

近付くことを避けます

下の方の枝が少なくなると、障害物が少なくなるので、里山のなかに適度な日光が注ぎだします。すると遠くの方まで視界が開けるので、自然のなかで生きる動物にとっては問題になります。自然に生きる動物にとって、人間から見つかることは、できるだけ避けたいことなのです。人間は獣害の原因となる動物よりも、体力的な面ではかなり劣っています。しかし人間はほかの動物よりも知能が高いために、反対に捕らえることが可能なのです。すなわち人間に見つかることは、命に関わる問題になるのです。そのため里山の間伐材を伐採されると、動物は里山に近付くことを避けるようになります。このような特徴があるので、里山の間伐材の伐採は、農業にとって大きな意味が含まれているのです。